日本語de遊ぶろぐ
2014年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2014年10月
2014/09/30(火) | 編集 |
長く伸びると
病院で活躍する野菜は?
答え:ナス

これはシメノにも判りました^^

2014/09/30(火) | 編集 |
「おべんとうばこのうた」の
正しいカタチって、こんな風だったんですね(*´д`*)
初めて知りました~。


「ごまふりかけて」が
「ごましおふって」になっていたり

「ぞうのせなか」が
「ぞうさんのせなか」になっていたり

いろんな細かい違いがあって。
もちろん動物さんのくだりがマルっと無いのも一杯。
「おにぎりを握り」が正しいなんて言うガセもありましたっけね^^;


作詞家の先生も
いろいろ複雑だろうなぁ。

ちなみに
「香山美子」というお名前は
「こうやまよしこ」とお訓みするのだということも
初めて知りました~^^;






 おべんとうばこのうた
 作詞:香山 美子
 作曲:小森昭宏






「お弁当男子コンテスト」なんてイマドキ風の題材から
幼児さん向きテッパンの手遊び歌が来たのが楽しかった^^
それに、この曲の全容が判ったのも有意義でした。

クッキング場面が
歌で楽しく演出してあったのもイイカンジで。
お弁当のなかみが「いないいないばぁっ!」ぽく
チリメンの布で可愛く作ってありましたし~。

先だってのオオルリさんとか
今回のしおりちゃんのキャラ弁とか
小道具さん、大活躍ですね^^


そして
今回も「双子の愛が重い」オチ^^;
(“愛の冷凍保存”ってどこかで聞いたような…)

それにしても
キャラ弁がことのほか上手で。
双子もけっこうな器用設定なのでしょうか。
やっぱり愛のなせる業…とか?

しおりちゃん(弁当)を作って
美味しく食べちゃうのも冷凍するのも
考えようによってはモノスゴ~~~~~~く危険(*_*;


そんなこと考えちゃうシメノは
穢れたオトナなのかしら~~~~~((+_+))





あと
双子の富豪伝説にプチ追加。
「五四九家にはお弁当専用のシェフがいる」。

OPでは
傑作くんが「SEE YOU・またナ」を歌っていたり
リリックさんが「(爺孫)喧嘩しなきゃいいけど」と笑ってたり
双子が「帰らせていただきま~す」と“男にはツン”ぶりをアピールしてたり。
しおりちゃんの「ムカッ!」サービスもあって。

楽しいエピソードに仕上がってました~^^



「おべんとうばこのうた」の動物さんのくだり
楽しくてコミカルで、シメノはとっても気に入りました~。
3ばんのおサルとワニのシーンなんかもすっごくユーモラス^^

カットされて
知ってる人が少ないのって何だか残念です~。
今度フルで聞いてみたいなぁ。

2014/09/29(月) | 編集 |
ガラガラって
何かと思ったら、「柄柄」でした。(デザインあ)

ウィキペディアによると、カササギは
鏡の中の自分を認識する賢い生き物らしい。
それで、気にしないの助音頭に登場させてもらったのかな?
ちなみにカササギの学名は「ピカピカ」。



2014/09/29(月) | 編集 |
今回の新曲
なんだかすご~っく難しいです><

中尾さんが歌ってる調と
伴奏の調がどうしても同じに聞こえないし。
休符の長さも何だかマチマチに聞こえるし。

ジャズなのかな?
こういうタイプの曲って。


シメノに
歌えるようになるのか
謎です^^;








レコードが教えてくれた
作詞:山川 啓介
作曲:服部 隆久



いちまいのレコードが
おしえてくれた

うたのたのしさ
おんがくのまぶしさ
ありがとう

いちまいのレコードは
ひらたいちきゅう

せかいのひろさが つまってた
ありがとう

はりをおとせば
ほらほらいまでも
あのひがかえる
うたいだす





歌のシーンで
もくじいパペットの姿が
キレイに切り抜いてあって
プレーヤーの上で逍遥している場面なんか
とても丁寧な仕事になってて、スタッフさんの愛を感じましたね^^

居眠りしてるもくじいを
そっとしておいてあげる二人がとても優しくて。
むにゃむにゃ寝言を言うもくじいが可愛かったです^^
(でもケッサク君の制止はちょっと急すぎたし、やや強すぎたかも)

あのプレーヤーって
ピタゴラスイッチのエンディングに出てくるのと同じかな?
取っ手がついてて持ち歩けるタイプのプレーヤー。
懐かしいなぁ。


実家のステレオは今も健在で
当時のレコードもそのまま残ってたりする。
父がときどきヘッドフォンをかけて何か聴いていたりします。


シメノの歌える民謡は
みんな父のレコード全集で覚えました。
「永良部百合の花」とか「安里屋ユンタ」とか
「刈干し切り唄」とか、もっと北のほうの民謡とかね^^

そういえば
シメノが初めて買ったのは
アニメーションの交響曲アレンジ盤だったような。
ずいぶん熱心に聴いたっけなぁ。



ちなみに。
「しおりちゃん、買い物好きだなぁ」って。
ちょっと聞き捨てなりません。

浪費家なのか?
浪費家なんだな^^;

2014/09/29(月) | 編集 |


もちろん
シメノはそんな事しません


2014/09/28(日) | 編集 |
新しいの来ました「びじゅチューン」。
タージマハル先輩ほどにはエキセントリックでない
可愛い高校生のカップル来ました^^

麗しのアンケセナーメン妃を残して
夭折した少年王ツタンカーメンの志を継いで
彼女を必ず守り抜くぞ!とファラオ印の絵文字を使ってるのに
当の彼女にはなかなか理解してもらえないのですね(*'ω'*)

切ないわ~。



今回
ツタンカーメンについて触れているウェブページを
いくつか検索して調べてみたのですが。

九つかそこらで即位した病弱な少年王が
偉大な父の業績を否定するかのように自ら改名って
そりゃやっぱり操られてたんじゃないかしら~。

ハタチになろうって頃に
事故死ってのも何か怪しい~~~~~。
その後、血筋じゃない方に王権が移っていくのも怪しい~。

いや、それは
井上さんの歌にはあまり関係ないけどね。


ちなみに
彼女ちゃん
なかなか可愛いですね。

彼は。
ヘアスタイルが変。
すっごいカクカクしてて三角だらけ。

あと本棚に
「ほぼドリル」「続・ほぼドリル」「ゴーギャンからダ…」
「カーもバーもね」「その天女…」ヘンな本がいっぱいありましたよ~^^


「ツタンカ~~~~メン」と
ビブラートがかかってるとこに耳が釘づけになっちゃった。

シメノのガラケーには
ファラオの絵文字はもちろんありませんが
スマホにはあるのでしょうか?

どんな場面で使うことが
想定されているのか気になります。


公式サイト様はこちら。

2014/09/28(日) | 編集 |


今朝起きたら
風がいいにおいになっていて。
香りをたどっていくとこの木と出会いました

ここ数年
秋の訪れが妙なので
一度咲いた花が盛りを迎えずに
一秋の間に何度も咲いていたキンモクセイですが
今年はどうかな?

2014/09/27(土) | 編集 |
違うところが動きます。
いや~~~~~、この脱力っぷりが何ともはや。
この絵柄ってユーフラテスっぽいのか?
ぽくないのか?

折りたたみハンカチ劇場は
歌作って収録してもらわないといけなかったけど
くねくね人間違い探しはプリントアウトするだけだよね^^;

後は用紙を動かして
塙さんにナレーションを入れてもらうだけ。
さすがの省力化ですね^^

ピタゴラ装置アカデミアも
12年目にして公式メイキングだと思うと
なにやら感慨深いココロ持ちになります~~~(*´д`*)

アルゴリズム体操も 先だってから
「オーストラリアいろんなとこで収録」編がOAされてて。
ウルルみたいな大岩の上とかトロピカルなビーチとかワラビーと一緒とか
いろいろ楽しいです。

忘れたころに新作が来ますよね。
うむ、あなどりがたし。

2014/09/26(金) | 編集 |


あるとイイんですけどねぇ。

気の重いことや面白くないことを楽しく片付ける。
そんな便利なスイッチはシメノにはついていないようです^^;

とにかくやらなきゃ!
その気合だけですね、原動力は。
でも取り組むうちにそれなりに夢中になってきて
やってる間中、いやでいやで仕方がない…ってことは意外と少ないかな?

瞑想がイイとか
人が頑張ってる姿を見るとか
前の日から気合を入れておくとか
いろんなノウハウがリンク先に紹介されていて
けっこう勉強になりました^^

TB担当さんは
ご褒美作戦だそうですが
シメノの場合ご褒美は効果がなさそうだなぁ^^;
自腹だもんね(*´з`)


TB公式ブログの当該エントリはこちら
2014/09/25(木) | 編集 |
サブタイの漢字は
「昔」に「鳥」で「カササギ」。
PC君に変換をたのんだら出してくれました。

カササギは
お隣のS県の県鳥でもありまして
シメノにとってもムカシからよく見かける
ナジミの深い鳥なのですが

もっぱら
「カチガラス」と呼ばれていたので
和歌に詠まれたり、七夕伝説にも登場する
「カササギ」と同じ鳥だというのは大人になるまで知りませんでした。


何と申しますか
あの楽しくてひょうきんな鳥が
オリヒメとヒコボシの逢瀬の手助けをする場面なんて
ちょっとイメージ的にしっくりしないような。

賢いのは間違いないんだけど
醸し出す雰囲気が基本的にコミカルなんですよ。

優雅さとか趣とか
そういうしっとり感が全然ないし
まだカラスのほうが黙って止まってれば
もうちょっと雰囲気あるかも。


秀吉が朝鮮出兵の時に
「カチカチ」鳴くめでたい鳥だといって
「カチガラス」と呼ばせたという逸話があるのですが
「ゲショゲショ」とか「ギシャギシャ」としか聞こえません^^;


ちなみに
見るたびにツガイで一緒にいる
とっても夫婦仲の良い鳥。

いつかも触れたけど
営巣シーズンには電柱の上に巣を作って
九電をピリピリさせる連中です。

初夏ごろの電柱に
幅広のビニールテープがはってあったら
「カササギ営巣注意!」のしるし。

以前まで
天然記念物だった(今でも?)とかで
九電もヒナが巣立ってからしか巣を撤去しないッぽい。
けっこう大事にされてます~^^



こんなカチガラスたちが なんでまた
気にしないの助の脇侍になったんでしょうね?


謎だ。




そういえば
最近、重箱の隅三兄弟が
雲に乗った天人に見えてきたシメノです^^;
ちょっと目がヤバいぜ><
copyright (C) 標野ゆき all rights reserved.
material from SozaiRoom

ブログパーツ